前回の英語ネタにつづいて今回も英語について。

 

以下の2冊はどこかのサイトで進められていてのを見て(どのサイトかは忘れました・・・)、気になったので買ってみた本です。

 

 

 

理由のひとつはまずは価格。どちらも998円。とりあえず買ってもいいかなと思える価格ですね。

 

そしてAmazonの評判。こちらもかなりの高評価です。

続編(会話編)が出ていて、どちらも評価がいいということはおそらくいい本なんだろうなと思いました。

ただし自分に合うあわないというのはあると思うので、読んでみるまではわかりませんがちゃんとAmazonでなか見!検索ができます。

 

そして読んでみての感想ですが、ほとんどの内容が目からウロコでした!

 

何となくわかりにくい現在完了は「迫ってくる」イメージとか進行形の「躍動感」とか普通に勉強してるだけではなかなか身につかない感覚かなと思いました。

それぞれの英文法のイメージがイラストで描かれているので、より直観的に理解できると思いました。

文法だけでなくlook / see / watchの違いや listen / hear の違いもわかりやすく説明されています。

 

あとけっこう衝撃的だったのが、canとThere構文の使い方。

以下はおかしな文章として紹介されているものです。

(△)Luckily, I could clean up the mess before my parents got back.

(×)There is the boy in the park.

この本を読まなければおそらくずっと間違った使い方をしていただろうと思います。

気になる方はぜひ読んでみてください。

トラックバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です