MixedRealityToolkit-Unityの以下マージでXboxコントローラがサポートされたようなので確認してみました。

Merge pull request #936 from StephenHodgson/HTK-XboxController

HoloToolkit-ExamplesにXboxControllerExample.unityがあるので起動します。

メニューのHoloToolkit –> Configure –> Apply HoloLens Project Settingsを選択します。

xbox04

Enable Xbox Controller Supportにチェックを入れます。

なおWarningにあるようにInputManager.assetが更新されるようなので注意が必要です。

xbox02

Applyボタンを押すと確認のダイアログも表示されます。

xbox03

OKを押すとInputManager.assetが更新されます(ProjectSettings配下にInputManager.asset.oldが作成されています)。

コントローラが接続されていない場合の実行画面(UnityEditor)

xbox01

コントローラが接続されている場合の実行画面(実機)

右のアナログスティックが動作しませんでしたが(バグ?)、それを除けばすべてのボタンがアサインされています。

なお、今までも自力で実装すれば動作したのでより簡単に使えるようになったという感じだと思います。

参考:HoloLensでXboxのコントローラーを使ってみる #アセットアドカレ

トラックバック

コメント

  1. ちくわぶ より:

    こちらのブログと関係ないコメントを失礼します(´・ω・`)
    貴方の作ったアプリ[ちくわ工場]のファンです!
    シンプルだけど、すごくクセになってとても楽しませてもらってます。
    ここ最近iPhoneのiOS11にバージョンアップしたところ、ちくわ工場をプレイ出来なくなってしまいました…。
    もし、ご都合がつけば、アプリをアップデートしていただけないでしょうか!!
    ご検討よろしくおねがいいたします。

  2. hi-rom より:

    楽しんでいただけているとのことでうれしい限りです。ありがとうございます。
    ただ、大変申し訳ありませんが今のところアップデートは予定しておりません。
    今後の状況によっては検討したいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です