前の記事で紹介したDotsduino。

プログラムで8×8のLEDを制御できておもしろいのですが、

ドットパターンは数字の羅列のプログラムを作成して、

実機に転送して動作確認とひと手間かかります。

 

そこで、勢いだけでパターン作成ツール(Flash)を作ってみました。

ツールの起動はこちらからどうぞ

こちらに移動しました(2013.5.01)

 

こんな画面イメージです。

 

スクロールするアニメーションの作成のみに対応で、

複雑なパターンの作成はできませんが操作はいたってシンプルです。

上部にある8×40のドットにマウスでお絵かきするだけです。

 

するとソースが自動で生成されるので、あとはコピーしてArduinoに貼り付け、

実機にアップロードするだけです。

 

操作シーン。

 

 

微妙にずれてますが、パソコンの画面と同期してる風のシーン。

 

Flashのソースファイルも公開しておきます。(勢いで作ったのでソースはきたない・・)

Dotsduino_Designer.zip

トラックバック

コメント

  1. […] Dotsduino Designerを用いてちまちまと打ち込んでました。 […]

  2. hi-rom より:

    ドラクエフォントいいですね(^^♪

  3. Hkk より:

    はじめまして。Dotsduinoのキットが販売中止になってしまい、乗り遅れてしまいましたので自作しております。入手できた8×8マトリクスLEDは秋月のものでカソードコモンとなっており、原典のアノードコモンと異なりますが、同じように”Dotsduino Designer”で生成されたコードは使えるのでしょうか?

  4. hi-rom より:

    はじめまして。
    Dotsduinoのキットは組み立てるだけなので自分で作れたのですが、
    ハード系については基本的に素人です・・・すみません。

    Dotsduinoのサンプルコードが動くようであれば動くと思いますのでお試しください。

  5. Hkk より:

    ありがとうございます。
    変数を変えることで、対応できました。
    すばらしい編集ソフトをシェアしていただきありがとうございました。

  6. hi-rom より:

    動いたみたいで良かったです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です